インスタのストーリーはイラだたせずに広告を印象付けることが出来る

2019年09月21日

インスタのストーリー機能は投稿したら、24時間以内に削除されることが大きな特徴です。ストーリー機能からできるライブ配信も、配信が終了してから24時間以内に削除されるのでくどさがありません。フィードに投稿するほどの投稿ではないけど、何気ない投稿をしたいということで人気があります。写真に統一感を持たせることもなく、その時の気分で投稿してもすぐに消えるという気軽さがあるので便利です。

ストーリー機能では興味がない投稿はタップやスワイプをすることで、簡単にスキップができます。これによりインスタ広告がストーリー機能に表示されても、すぐにスキップできることからイラだちを感じることもありません。通常であれば広告が全画面で表示されることで、イラだちを覚える人もいますがスキップすると印象も良くなります。ストーリー機能ではユーザーの動向などがリアルタイムでわかり、気軽な理由からストーリーズだけを使っている人もいます。スワイプで広告をスキップすることで、タイムラインを見ていない層にもアピールしたい企業のニーズにマッチします。

全画面表示になるので強い印象を与えがちですが、スキップすることでそれらのマイナス面が無くなります。また見た目で広告として認識されにくくなっているので、フォロワーの投稿と馴染んでしまう点もイラだちがないポイントです。一般の投稿は24時間で消えますが、広告のみは消えることがなく設定された時間表示され続けるという特徴があります。広告の中にはアンケートを盛り込んでいるものもあり、参加型の楽しみ方もできるので飽きが来ません。フィード広告と同様に写真と動画をアップロードすることで、自動的にフルスクリーンの素材が出来上がるような仕組みです。専用のバナーを用意することもありますが、なくても気軽に配信することも可能です。

自動配置で他の選択も同様に、フォロワーの投稿も長い場合はスキップすることができるので、あまり興味のない投稿を見る必要がありません。一度にたくさんの投稿をしている場合、長時間いくつもの画像が表示されることになるので時間がない人は見ることができません。このようなときにスワイプをすることで画像が全てスキップされるので、次に進むことができ新鮮な気持ちで他の投稿を閲覧することができます。インスタを楽しむための時間の節約にもなるので、とても人気のある機能になっていてたくさんのストーリーズを見ることができます。