企業がインスタで潜在層獲得のため自動いいねでフォロワーを増やす

2019年07月23日
パソコンを見ている女性

インスタを利用している企業が得るメリットとして、潜在顧客となるユーザーと交わりを持つことができることです。企業のアカウントは基本的に特別なイメージで、面白みに欠けるというもので広告的な役割しかありませんでした。SNSが普及し始めて気軽に企業との交流ができるようになり、ユーザーとの距離が近くなったこともあります。インスタでは自社製品を使っておしゃれな写真を投稿すると、興味を持つファンが増えてさらにそれらを購入します。

インスタでいいねをもらうことが大切ですが、ターゲットは潜在顧客なので自動でフォロワーを作る方が手軽です。ハッシュライクスは設定をするだけで自動フォローを行なっていくれるツールですが、似たようなハッシュタグをつけているユーザーへいいねをしていきます。多くの場合いいねをしてもらうと、相手のアカウントを見にいくことがあります。この真理を利用して、フォローバックをしてくれることを期待していることが特徴です。ハッシュライクスは有料で30日間から使うことができますが、5日間の無料お試しがあるのでどのくらいの結果を出すことができるか確認も可能になります。インスタの制限に気を付けることがあり、いいねをしていける上限は、1日500回から900回です。連続でいいねをするときも平均で30秒間は開けることが望ましく、それを超えることで利用制限を受ける対象になります。

特に新しいアカウントはこの制限を受けやすいので、ハッシュライクスを利用しても制限される可能性が高まります。フォローバックをしてくれなかったアカウントに関しては、フォローを解除する機能があるので、本当にお互い興味がある人だけがフォロワーになっていくシステムです。自動で全てが行われるので、気が付いた時にはフォロワーが増えているということになります。企業が利用する場合の利点は、顧客の意見をすぐに反映することができる点です。製品に関してのフォローやコンテンツのコメントを、ターゲットから得ることでいいねを知ることができます。消費者に対してもコンテンツのファンになってもらえるかの指標になるので、フィードバックは大変参考になります。さらに鋭い視点からの情報もあるので、貴重な意見をもらうことができます。インスタで企業アカウントを潜在顧客を確保するために、広告費などのコストを下げた手段となりターゲットがファン層になる可能性も秘めています。