記事一覧
インスタのストーリーはイラだたせずに広告を印象付けることが出来る

インスタのストーリー機能は投稿したら、24時間以内に削除されることが大きな特徴です。ストーリー機能からできるライブ配信も、配信が終了してから24時間以内に削除されるのでくどさがありません。フィードに投稿するほどの投稿ではないけど、何気ない投稿をしたいということで人気があります。写真に統一感を持たせることもなく、その時の気分で投稿してもすぐに消えるという気軽さがあるので便利です。 ストーリー機能では興味がない投稿はタップやスワイプをすることで、簡単にスキップができます。これによりインスタ広告がストーリー機能に表示されても、すぐにスキップできることからイラだちを感じることもありません。通常であれば広告が全画面で表示されることで、イラだちを覚える人もいますがスキップすると印象も良くなります。ストーリー機能ではユーザーの動向などがリアルタイムでわかり、気軽な理由からストーリーズだけを使っている人もいます。スワイプで広告をスキップすることで、タイムラインを見ていない層にもアピールしたい企業のニーズにマッチします。 全画面表示になるので強い印象を与えがちですが、スキップすることでそれらのマイナス面が無くなります。また見た目で広告として認識されにくくなっているので、フォロワーの投稿と馴染んでしまう点もイラだちがないポイントです。一般の投稿は24時間で消えますが、広告のみは消えることがなく設定された時間表示され続けるという特徴があります。広告の中にはアンケートを盛り込んでいるものもあり、参加型の楽しみ方もできるので飽きが来ません。フィード広告と同様に写真と動画をアップロードすることで、自動的にフルスクリーンの素材が出来上がるような仕組みです。専用のバナーを用意することもありますが、なくても気軽に配信することも可能です。 自動配置で他の選択も同様に、フォロワーの投稿も長い場合はスキップすることができるので、あまり興味のない投稿を見る必要がありません。一度にたくさんの投稿をしている場合、長時間いくつもの画像が表示されることになるので時間がない人は見ることができません。このようなときにスワイプをすることで画像が全てスキップされるので、次に進むことができ新鮮な気持ちで他の投稿を閲覧することができます。インスタを楽しむための時間の節約にもなるので、とても人気のある機能になっていてたくさんのストーリーズを見ることができます。

2019年09月21日
インスタで10分までの長時間の動画を載せたいのならIGTV

インスタで新しくリリースされているのが動画投稿の新機能であるIGTVで、動画の配信メディアとしてたくさんの人から注目を浴びています。IGTVは専用アプリで視聴することになりますが、これまでは通常の投稿は1分で行われ、フィード以外でのストーリーズは15秒の動画しか投稿することができませんでした。この動画に特化したアプリを使うだけで、最長で1時間の動画投稿ができるので新たなプラットフォームになっていきます。 長文や縦長の画面になりますが、広告としても利用できるので幅が広がります。ほかにも大規模な動画サイトがありますが、それらとの差別化をはかっているのでとても使いやすいです。有料でのコンテンツ配信サイトは縦長動画として視聴することができますが、その画像がさらに広がる傾向にあります。たくさんの視聴者もIGTVで動画を縦長で配信しており、広告としても使われています。 長文は基本的にインスタと連携を取っていることから、URLを表示することもできます。アカウントでログインすることで、さらにフォロワーが流入してくる可能性もあります。これによりあえて新しいアカウントを作ることもなく、作ってしまうことで流入できない問題も出て来ます。 すでにインスタを利用しておりURLを知っている人には、とても便利な機能で新たにアカウントを登録する手間も省けます。フィードに現れているマークから入ることができ、最新の動画投稿媒体としての位置付けでもあります。タイトルや動画内容の検索ができない部分が、ユーザーにとって使いにくいケースもありますが、アカウント名で検索することができるのでフォロワーであればすぐにわかります。普段から動画を視聴している人には取り込みやすいシステムですが、興味のある動画を検索するときは投稿しているアカウントを探していきます。 IGTVはストーリーズとは違い、投稿できる動画の長さが全く違います。ストーリーズは15秒ですが、最長60分の動画を投稿できるのがIGTVの特徴です。ストーリーズではインスタアプリから直接動画撮影を行うことが可能でしたが、反対に保存されている動画に限定して投稿することができます。全く使用用途が異なるので、双方を使い分けながらインスタを楽しむことが可能です。広告として利用する場合は、縦長に統一しURLを使いながら投稿していくことがポイントです。長文で行われるときは、動画を見るために視聴します。

2019年08月26日
企業の信頼度を上げるためインスタに顔を出す社長

インスタを利用している企業では、ユーザーからの信頼を得ることでそこからターゲットとなるユーザーの視点を取り入れることを目的にしています。SNSを担当している企業の社員がターゲットと同様の属性を持っているとは限らないので、シグナリングの効果を利用しています。企業が一番恐れていることとして、信頼を失うことですが不正をすることで無くなります。そこでインスタへ企業の社長の顔出しを行うことで、さらにユーザーへインパクトを与え、惹きつけることを提案しています。 普段顔を合わせることがない社長がインスタで顔出しをすることは、意外性もありますがユーザーの好奇心もそそります。不正をしていないし堂々と顔出しをすることができるという意味合いで、社長の顔出しをインスタ上で行うことができます。シグナリングはターゲットの本当の意見を全ての企画に反映することができ、フォロワーが多くなる結果も出ています。アカウントを運用する経験を持っている社長ばかりではありませんが、有用な意見を交換できる場として設立します。立場が異なる複数の人をターゲットにすることで、意見に偏りを出さないようにすることもポイントです。 同様のテーマでターゲットの投稿を参考にしながら、自らの投稿の切り口を考える方法もあります。直接ターゲットの意見を取り入れる場合は、インスタで顔出しをすることはもちろんですが、アンケート機能を使って見ることも一つの方法です。複数のテーマを用意し投票機能を使うことで、テーマをさえぎることなく話題にすることができます。ユーザーの意見を反映することが確実にできますし、社長への参加型企画なので皆の意欲が湧いてきます。 SNSを運用することは、ターゲットの気持ちを理解しながら当事者だということにも意識を強く持つことです。他の自分とは異なっている属性である人に対しては、平等な形で理解をしていくことが必要不可欠です。シンプルで取り入れやすい方法ですが、このように社長の顔出しもするので試して見る価値があります。私的な情報を持っているケースで、情報を持っていない相手に開示する行動をシグナリングと呼んでいます。これにより様々な情報が開示されるので、興味を持ってフォロワーになる可能性があります。合理的にいいねやフォロワーを増やすことは、企業の信頼度を上げるためのひとつの方法になります。インスタに顔を出すことで、普段交わることのないコミュニティもできます。

2019年08月07日
企業がインスタで潜在層獲得のため自動いいねでフォロワーを増やす

インスタを利用している企業が得るメリットとして、潜在顧客となるユーザーと交わりを持つことができることです。企業のアカウントは基本的に特別なイメージで、面白みに欠けるというもので広告的な役割しかありませんでした。SNSが普及し始めて気軽に企業との交流ができるようになり、ユーザーとの距離が近くなったこともあります。インスタでは自社製品を使っておしゃれな写真を投稿すると、興味を持つファンが増えてさらにそれらを購入します。 インスタでいいねをもらうことが大切ですが、ターゲットは潜在顧客なので自動でフォロワーを作る方が手軽です。ハッシュライクスは設定をするだけで自動フォローを行なっていくれるツールですが、似たようなハッシュタグをつけているユーザーへいいねをしていきます。多くの場合いいねをしてもらうと、相手のアカウントを見にいくことがあります。この真理を利用して、フォローバックをしてくれることを期待していることが特徴です。ハッシュライクスは有料で30日間から使うことができますが、5日間の無料お試しがあるのでどのくらいの結果を出すことができるか確認も可能になります。インスタの制限に気を付けることがあり、いいねをしていける上限は、1日500回から900回です。連続でいいねをするときも平均で30秒間は開けることが望ましく、それを超えることで利用制限を受ける対象になります。 特に新しいアカウントはこの制限を受けやすいので、ハッシュライクスを利用しても制限される可能性が高まります。フォローバックをしてくれなかったアカウントに関しては、フォローを解除する機能があるので、本当にお互い興味がある人だけがフォロワーになっていくシステムです。自動で全てが行われるので、気が付いた時にはフォロワーが増えているということになります。企業が利用する場合の利点は、顧客の意見をすぐに反映することができる点です。製品に関してのフォローやコンテンツのコメントを、ターゲットから得ることでいいねを知ることができます。消費者に対してもコンテンツのファンになってもらえるかの指標になるので、フィードバックは大変参考になります。さらに鋭い視点からの情報もあるので、貴重な意見をもらうことができます。インスタで企業アカウントを潜在顧客を確保するために、広告費などのコストを下げた手段となりターゲットがファン層になる可能性も秘めています。

2019年07月23日
番宣や私生活をインスタで見せて親しみやすさを生む芸能人

インスタで最近よくアカウントを持っているのが芸能人ですが、普段テレビでしか見ることができない一面とは裏腹に、私生活などの親しみのでる投稿をするケースもあります。インスタの特徴や利点は、世界観やクリエイターとの繋がりが多くの人を魅了していることです。ビジュアル的なコミュニケーションをとることが多いですが、写真や動画の投稿を通しながら独自の世界観を効果的にユーザーへ伝えることができます。 芸能人などの表現者と呼ばれる人たちは、ビジュアルを共有しながらコミュニケーションをユーザーととっていく傾向があります。テレビなどを通してしか見ることができなかった芸能人でも、気軽にSNSを通して動画や画像をアップすることで独自の個性を伝えることができます。普段見ることができない表情などもファンたちは楽しみにしており、必ずフォローをしている傾向があります。人気が上昇しているメンバーでも、アカウントを開設したばかりで様々な投稿をしていることも理由です。 たくさんのコンテンツを展開することで、フォロワーをたくさん獲得することができます。ハッシュタグを使うことで、他の芸能人とともにドラマの未公開シーンなどをアップすることもあります。これを見ることができるファンはもっと知りたくなりますし、裏側を見せることで親しみが湧いて来ます。芸能人の私生活は友達ではない限り見ることができませんし、近況報告や番宣をしていくこともあります。 中にはあえて炎上商法を取り入れた投稿をアップする芸能人もいて、実際に炎上してしまうケースも存在しています。わざと炎上をするような投稿をし、そこへ便乗する人を煽る傾向にあります。近況や番宣だけの報告ではなく、炎上商法に似た投稿もするため最終的に問題になります。この方が視聴者にとってもアピール力が強くなるので、自分の名前を覚えてもらいやすいです。知名度がかなり上がるので番宣を含めて、宣伝効果になり利益につながるということもあります。このテクニックをあえて利用する人には問題がありますが、実際に話題になっていることは事実です。不適切な発言や批判をすることで、形はいろいろありますが一時的な有名人になります。時が経ってもあの時の有名人ということで、誰もが覚えている可能背があるのが狙いです。 そのほかでは芸能人の私生活を垣間見る、ストーリー機能が見やすく新鮮です。インスタに参加する芸能人も増えて来ているので、さらに多くのコンテンツが増えていきます。

2019年07月03日
インスタでインフルエンサーになるにはターゲットとテーマを絞って狙い撃ち

インスタでのインフルエンサーは、基本的には誰もがなれるチャンスがあります。しかし、それにはいくつかの方法を熟知しておくことが必要ですし、少しのセンスが必要になります。インスタの中で自分の得意なテーマを決めることで、フォロワーを増やすことに集中しましょう。 まずは、プロフィールをしっかりと書き、人物像を作り上げます。そして投稿時間や投稿回数を確認し、閲覧している人が多い時に画像を投稿するようにします。キャッシュにはハッシュタグを必ずつけますが、上限で30個までつけることができるのでそれ以内に収めるようにします。そのハッシュタグをたどって、検索でヒットされると他のユーザーからいいねをしてもらえる確率が高くなります。さらに人気インフルエンサーなどとのコラボができれば、自分のアカウントの宣伝になりプロフィールを知ってもらうことができます。 フォローをしてくれる人が少しでも増えることが、インスタでインフルエンサーになる第一歩になりなす。投稿時間テーマによって違いますが、社会人の女性であればランチタイムや午後の帰宅時間などが閲覧される可能性も高いです。フォローをしている人が多いインフルエンサーとコラボをすることで、さらに自分の宣伝をしてもらうことに繋がります。自分のアカウントのファンのニーズに応えることで、さらにフォローをしてくれる人を獲得することができるので戦略的に行います。カテゴリーはしっかりと決めておく方がテーマがぶれないということで、同じものに興味を持ってくれている人からフォローされます。投稿回数も少ないよりは多い方が、たくさんの情報をユーザーへ発信することができます。興味を持ってくれると全ての投稿を閲覧してくれる可能性も高まり、ユーザー同士のコミュニケーションもとることが可能です。 ブランディングをしっかりと行い、独自のターゲットを明確にしておきます。インスタで特に取り扱いたいサービスに対して、年齢層を想像することもできます。いいねをたくさんもらうことで、投稿することへのモチベーションも上がりますし、そこからさらに良い投稿が増えてフォロワーも増えていくという仕組みです。ターゲットが求めているとすることを、ハッシュタグで伝え短い期間で成果を得ることもできます。インスタではリーチ数を増やすことでフォロワーを獲得することへ有利になりますし、ユーザーの反応を知りながらサービスの確立をしていくことができます。

2019年06月16日
思い出を残し、共有するためにインスタ映えを生み出したい一般人

一般人として楽しむインスタグラムは、インスタ映えのする画像や動画を投稿したり、投稿されたりしたものをみて楽しむものです。中には投稿をしないで閲覧だけをする一般人もいますし、投稿をして楽しんでいる人もいます。インスタ映えがする写真に加工することができるアプリは、人気のものからレアなものまで揃っているので、自分のアカウントのテーマに合ったものを選んで加工していきます。この加工する過程が楽しく、統一感のあるギャラリーになっていくことに生きがいを感じている一般人もいます。 インスタには投稿は一切せず見るだけという一般人もたくさんおり、インスタ映えしている写真を見るだけというケースもあります。ハッシュタグを辿りながら楽しいアカウントを探すことを目的にしているケースもあり、綺麗な写真をただ眺めることや、好きな有名人のプライベートな投稿を見ることを楽しみます。気になる人をフォローして投稿を見たり、レストランや遊園地などの様々なスポットの写真をみることもあります。この場合はログインをしなくてもアプリから閲覧することができるので、手間をかけずにインスタを楽しむ方法の一つです。 ハッシュタグは画像を検索する時にとても役立つツールですし、おしゃれで綺麗な写真を見ることが目的になっています。癒されることもありますし、感動するとそこから他の人に拡散したいということにもなります。インスタにはおしゃれに気を使った画像が多く、承認欲求がある人が多いので楽しいです。気に入ったアカウントや画像があれば、いいねをすることで相手に届きます。ユーザーとユーザーが繋がることは承認欲求を満たすことにもなり、そこからさらに枠を広げることもできます。いいねをすることはもちろんメッセージを送ったり、拡散することに特化したSNSであることから承認欲求が満たされます。 ストーリーズではリアルタイムな画像や動画を掲載することができ、ギャラリーに投稿するまでもないというものを載せます。そこから物足りなくなると、スマホなどに入っている写真を投稿して見る人もいます。インスタのアプリで画像を加工する機能がありますが、外部アプリでもインスタに繋がる加工機能が揃っています。これによってさらにインスタ映えのするおしゃれな写真をたくさん作ることができるので、よりいいねをもらいやすい状態になります。いいねをもらうとユーザー同士が繋がるので、コミュニケーションの場になっています。

2019年06月06日